-Uri Column- / Owarai


第23回ABCお笑い新人グランプリ。

腹痛はだいぶおさまったのに、今度は38度の熱が出てどないなっとんねん、というコンディションで■第23回ABCお笑い新人グランプリを見てました。

うーん...。正直言ってレベル低かったっす...。
「西中サーキット」と「せんたくばさみ」はなかなか笑かしてくれましたが、あとはもうネタはカブるわ下ネタ出すわ差別表現出してしまうわ(あまり気づかれなかったみたいですが)で、なんだかなーでした。

そんな中で無難な(と言っては厳しすぎるかもしれませんが)漫才をやった「レギュラー」が最優秀に選ばれたのは、まぁ当然と言えば当然な結果かも。
(瓜生注目の一つ「ブラックマヨネーズ」も、今回は低調でした...)

しかしそれにしても、なんであんなに“コント”が多いんでしょう。
あ、決して漫才しか認めへんなんてことではなく、おもしろいコントはむっちゃ好きなんですよ。昔の130Rもコント系やったし、99もコント寄り(というよりかなりコント)やったし。
やっぱりコントの方がやりやすいんでしょうかねぇ。

もう一つ面白かったのは、ゲストの「のりお・よしお」。
いや、これは漫才が面白かったんではなく、まぁ見事に笑いが起こらん。客席むっちゃ静か。

客層は若い女性がかなり多かったみたいなので、世代のせいかな?とも思ったんですが、でも瓜生が聞いてもぜんぜんつまんない。クスリとも笑えませんでした。

熱のせいか、かなり言葉がキツくなってますが(熱のせいにするんじゃない)、でも正直な感想です。

ゲスト陣で「お」と思ったのは、「チュートリアル」。
「M-1」ではそんなに思わなかったんですが、なかなかいいかも。ボケの一人芝居をもうちょっと少なくしたら、もっとイケると思いました。つまり、まだネタ次第ってところかな?

「ほー」と思ったのは「フットボールアワー」。
なかなかネタがよくできているし、ちゃんとツボも押さえてくれてました。ただ今日のネタは、岩尾くんの持ち味がちょっと少なかったなぁ。残念。

「さすが!」はやっぱり「ますだおかだ」。もうなにも言いますまい。

ちなみに吉本興業のトップページの一番上にある

ってのを押すと、吉本興業のタレントがいろいろ検索できて便利です。
画像、勝手に使ったら怒られるかな...ドキドキ...

ちなみに松竹芸能も、右側のフレームにある「Talent」ってのを押すと、検索(というよりもカテゴリー分類による閲覧)ができます。

でも、「ますだおかだ」や「アメリカザリガニ」が【若手お笑い】にも【漫才】にも見あたりません。
実は【タレント】に分類されてるんですね。たぶん露出度の高い人はここに置かれているのかも。

<今日のおまけ>
実は「矢野・兵動」や「ティーアップ」も好きだったりする。

<今日のおまけ2>
あれ?「ピノッキオ」ってもうやめたん?

<今日のおまけ3>
なんか漫才のスペシャル見るたびに風邪引いてるような気がするのは気のせい...?

Last Update : 2002/01/14

<< back to TopPage