漫画のこと。

漫画についてのいろんなこと。コミック書評、各種作品の読後感想、旬なマンガのお薦め、漫画評論の紹介、さらには論考、随筆(エッセー)、コラムなどなど、書き散らせればいいなぁ。
<< 手塚作品集を自由に作る! | 『荒くれNIGHT』映画化...。 >>

漫画業界とレンタル業態。

昨日のeBOOK-OFFのニュースについて、ちょっと補足します。

というのも、これからの漫画市場を考えた時、必ずキーになるいくつかの言葉のうち、けっこう大きいのが「レンタル」なんじゃないかと考えているんですね。

まずレンタルの形態はいくつもあって、従来からの貸本形態(TSUTAYAとか)だけではなく、漫画喫茶も一種のレンタルだし、これからはひょっとしたらネットを使ったダウンロード形式のレンタル(時間制限や回数制限など)なんてのも出てくるかもしれなかったり。

いずれにしても、貸与権なる法改正が漫画市場に与えるインパクトはけっこう大きいのではないか、大げさに言えば今までの作家、編集者(出版社)、書店、読者(消費者)、そしてその先の古書店まで含めて、かなりドメスティックな変化が起こる“かも”しれないのでは?などと考えられるわけです。

ただし最終的には、「誰が得をするか」の問題でもあって、今まではなんだかんだいって出版社が得をしていた部分が大きいような気がします。(再販制度も含めての話になっちゃいますが。)

しかしこれからは「読者に得になるサービス」が登場してくるのは間違いないわけで、それは裏を返せば出版社が得をしにくくなり、さらに下手をすれば作家が損をしてしまう可能性も包含しているのではないか、そのあたり(今まで一応成立していた漫画業界のスキーム)のバランスがくずれると、漫画業界は深刻的にしんどくなるのではないか、と、あれこれ心配になっておりまして。

その意味でも、「古書店が貸本ビジネスを展開する」今回のeBOOK-OFFの発表の、特に料金に注目してしまったというわけです。
author : uriu | ニュース関連 | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Comment form





Trackback URL

http://www.uriu.jp/manganokoto/sb.cgi/36

Trackbacks

CALENDAR
S M T W T F S
LATEST ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
SEARCH THIS SITE
OTHER
Count :
Page top ↑