漫画のこと。

漫画についてのいろんなこと。コミック書評、各種作品の読後感想、旬なマンガのお薦め、漫画評論の紹介、さらには論考、随筆(エッセー)、コラムなどなど、書き散らせればいいなぁ。
| 『カメレオンジェイル 新装版』 >>

『軍鶏』Vol.7

軍鶏(シャモ) Vol.7』を購入。
ダーティ・ヒーローな作品は数多くあるけれど、この『軍鶏』の主人公・リョウはイマイチ悪役になりきれず、かといって正義に目覚めるでもなく、言ってしまえば人生レベルの嫉妬の情念だけで闘ったりして、でも結局それにも徹底できないちょっと歪んだ人物像として描かれている。あるいは描かれてしまっている、と言った方が正確かもしれない。
『北斗の拳』と同じく今頃初見で読んでいるのでハズしているかもしれないが、少なくとも“分厚い本”の6巻までを読む限り、テーマの割にはどうしても「軽さ」がついてまわり、いわゆる感情移入しにくい作品となっているのが残念。
ただ、たなか亜希夫の描く男性の裸体はとても美しく、その美しい肉体の描写は現在『モーニング』誌で連載されている(だよね?単行本派なので定期刊行誌はよくわかっていない)『Glaucos』でさらに強調されている。
それだけに、ストーリーの無理さ加減や大時代的な人物設定が惜しまれるか...。
author : uriu | 過去録 | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Comment form





Trackback URL

http://www.uriu.jp/manganokoto/sb.cgi/7

Trackbacks

CALENDAR
S M T W T F S
LATEST ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
PROFILE
SEARCH THIS SITE
OTHER
Count :
Page top ↑